Home > 北海道・東北の名所
北海道・東北の名所

北海道や東北は、寒いし桜はあまり・・・なんて思っていませんか?そんなことはないのです!

魅力的な桜のスポットが、北海道や東北にもたくさん存在しています。もし遠方から北海道へご旅行されるのなら、花見のシーズンのお祭りや催し物の時期をチェックして、桜も一緒に楽しんで見てはいかが?

霞ヶ城公園

4500本の桜が咲き誇る霞ヶ城公園。名前の由来は、桜が咲いている季節に山全体がピンク色の霞に包まれたようになることから「霞ヶ城」と呼ばれるようになったようだ。毎年4月10日から開催される「霞ヶ城公園桜まつり」ではライトアップが行われ、普段とはまた違った表情が楽しめる。

船岡城址公園

約1000本のソメイヨシノがある船岡城址公園は、桜の中を走るスロープカーがこの公園の人気の秘密です。頂上付近が一番のビュースポットで眼下に広がる桜を一望できる。

高松公園

盛岡の桜の名所といえば高松公園。約1000本の桜が咲き誇るこの公園は、大正時期には既に名所として認知されていた。秀峰岩手山をバックに池に映り込む桜とともに眺める景色は圧巻です。

二十間道路桜並木

直線7キロの道路の両側に3000本の桜が立ち並ぶ北海道を代表する桜の名所。5月上旬から桜が見られ、北海道の雄大な風景との色彩が美しい。

馬見ケ崎さくらライン

馬見ケ崎川沿いにある全長約2.3kmの横一列に並ぶ桜並木。満開時はピンク色の桜がトンネルをつくる。車でも徒歩でも楽しめる並木道だ。

烏帽子山公園

園内には、烏帽子千本桜と呼ばれるソメイヨシノやエドヒガシなど樹齢120年を超す1000本の桜が咲き誇る。見ごろは4月下旬で、「寺坂紅しだれ」など様々な愛称の付く桜が何本もある。

円山公園

天然の樹林に囲まれた自然公園の中には、エゾヤマザクラ、ソメイヨシノなどが咲く。付近には野球場、動物園があり、休日は大勢の市民で賑にぎわう。

世界一長い桜並木

岩木山の南麓、嶽温泉に通じる道の周辺に、全長20kmに渡り約6500本の桜が並ぶ世界一長い桜並木があり、山麓に鮮やかな紅色を添えている。